道内¥5,400、本州¥8,640、沖縄¥10,800以上お買い上げで送料無料

私たちについて About Us


「小さな町から始まる小さな革命」
スキーリゾートとして世界に名を馳せるニセコエリア(倶知安町)に2019年12月に誕生しました。
海外と比較すると日本は明らかにオーガニック後進国であり、また特有の「包み」の文化からプラスチック包装が過剰な国でもあります。湿度が高いことも大きな要因ですが、環境や健康被害よりも個人の利便性や企業の利潤を追求した結果でもあります。更には保存や流通の関係で食品添加物が大好きな国でもあります。「少しでも多くの人にオーガニック食品を」ということで、日本ではまだ珍しい「量り売り」という方法で、無駄なゴミを作ることなくオーガニック食品を安価に気軽に販売できるようスタートしました。
店舗では容器持参でお買い物が可能です。つまりゴミ一つ作らず(ゼロウェイスト)生活に必要な食材が調達できます。また容器持参には割引を提供し、割引額と同額を環境保全団体(1% For The Planet)に寄付しています。インターネットからの購入も全て生分解可能な梱包だけでお送りしています。これは品質保持の観点からは完璧とは言えませんし、少し過剰ではないかと理解しておりますが、早く生分解可能なパッケージが世に広まることを待ち望みながら、私たちが社会に届けたい小さなメッセージです。意識の変化の手助けになれば幸いです。
国内でのオーガニック食品がまだ途上であるがゆえ、食品の多くは海外から輸入されたものですが、地球環境やCO2排出量のことを考えるとフードマイレージは無視できません。しかしながら「需要→供給」を考慮すると、先ずこの国に必要なのは「オーガニックの需要」であり、消費者である私たちがもっと意識を向けることによって国内での供給が広がると考えています。幸いにもニセコや近隣エリアは日本有数の農業地帯であり、たくさんの若い農家が素晴らしいオーガニック食品を作っています。「地産地消」を最優先とし、北海道のオーガニックを皆様にもシェアできるよう商品を随時アップデートしております。
 
「オーガニック食品と観葉植物」
一見全く異なる2つの事柄ですが、実は同じ目的の上に成り立っています。
オーガニック食品の普及は、大地を守ること、生態系の維持、自然環境の保護、循環型社会(今で言うSDGs)の形成に繋がります。更に、量り売りにすることで一般的に高価なオーガニック食品を安く購入でき、プラスチックゴミ、フードロスの削減が出来る。「買い物は投票だ」と最近よく耳にしますが、まさにその通りで、消費者としてオーガニックを選択する事でその需要を高め、その小さな声がいつか集合意識へと変化し、社会を変える大きな力になると信じています。

観葉植物は、植物を愛するという事。自然の神秘に触れ、それを育む過程の中で、その仕組みを少しづつ理解する。1本の植物も育てられなければ森は育てる事は出来ません。植物を愛する心を養う事で、如何に自然が尊く、守るべきあるものであるか気付かせてくれます。特に自然環境が豊かなここニセコでは、自然が身近で(時に脅威で)、自然によって生かされていることを実感します。

つまり両者は、自然を愛しそれを保護するという観点から、実は同じ事柄であったと認識する事が出来ます。
小さな店舗ではありますが、自分たちが目で見て味見して吟味された食品・植物たちです。どうぞゆっくり見ていってください。オンラインのお買い物も、量り売りのように少量から購入できます。
本当に必要なものを必要な分だけお買い物しましょう。